【AZプレゼンツ“意外と知らない”美容の小話vol.9】AZの一押しNEWメニュー“ドクターカラー”👨‍⚕️💉③髪に艶が間違い無く出ます!!!

皆さんこんにちは!

AZオーナー鈴木代悟です。

 

秋は美味しいものが沢山あります。なんせ食欲の秋ですから😋皆さんも美味しいものに舌鼓を打って幸せな気持ちになっていることと存じます😌

 

今回は前回の続き

 

『ドクターカラー』

 

の特徴をご説明したいと思います。bambini原田によるイラストを交えてアニメチックにお届けするのもこれがラストになります😊

 

再度おさらいですがドクターカラーの特徴は主に3つ

①無駄なダメージが一切ない

②やればやるほど髪が良くなる

③髪の艶がものすごい

 

前回は②酢酸くんが髪の栄養分と残留アルカリくんを交換するのでドクターカラーをする度に栄養が溜まっていくので、やればやるほど髪が良くなるというご説明をしましたが、今回はこちらのご紹介です。

 

③髪の艶がものすごい

トリートメントや洗い流さないトリートメントでも艶は出ますが、今回のアプローチは全く違うのでそれを説明していこうと思います。

 

まずはトリートメントや洗い流さないトリートメントで艶が出る原理をご説明いたします。

 

髪の艶を担っているのはキューティクルです。以前にも紹介しましたがキューティクルは髪の毛を覆っている、髪の一番外側にある組織のことで、外的刺激から守ったり内部の栄養素や水分を外に出さない役割を果たしています。

魚の鱗のように何層にも重なっていて、このキューティクルが綺麗に閉じているとダメージがなく艶や手触りのいい健康毛となります。

逆にダメージが進行してくるとキューティクルが毛羽立ってしまい、艶や手触りが悪くなってきってしまうということです。

 

f:id:azkawagoe:20210831123722j:plain

 

トリートメントはそのほとんどが油分でできていますので、毛羽だってしまったキューティクルを油分のコーティングをすることによって一時的にしっかりと閉めることができます。

 

f:id:azkawagoe:20210903103514j:plain

 

しかし、これはあくまでも一時的なもので、シャンプーなどをすればその油分のコーティングが流れてしますので毎回トリートメントをし直して都度コーティングする必要があります。

 

ではドクターカラーはどういう原理なのでしょうか?

 

今回も活躍するのはこちら…

f:id:azkawagoe:20210830144508j:plain

もう皆さん覚えましたよね😀

 

酢酸くんは 残留アルカリをしっかりと外に出して無駄なダメージを無くし、栄養を髪の内部に入れることによって髪を強くする働きをします。

 

 

そして実はもう一つやっていることがあるのです。

 

…それは

 

外に出る時にキューティクルの蓋を綺麗に閉じて出ていく!!

 

f:id:azkawagoe:20210831141620j:plain

 

酢酸くんは収斂(しゅうれん)作用と言ってカラーを流すシャンプーの時に大量の水と混ぜる(乳化という)ことによってこの収斂作用が発動し、キューティクルを科学的にしっかりと閉じてくれます

 

先ほどもご説明しましたが、トリートメントは毛羽立ってしまったキューティクルを油分のコーティングをすることによって物理的に閉めますが、ドクターカラーは収斂作用を利用して科学的にアプローチしています。

 

一番わかりやすいのが、シャンプーをした後の手触りって皆さんどうでしょうか?特にロングヘアでダメージが進んでいる方は、トリートメントをしないと髪がツルツルにならないと思います。しかしドクターカラーをやった後はシャンプーしただけでトリートメントをせず油分を与えなくても髪がツルツルになります。※一度でもやったことのある方なら実感していただいていると思います。

 

ということは元の髪の毛自体のキューティクルがしっかりと閉じますので、中学生の時の様な髪が本来持っている自然な艶を取り戻すことができるというわけなのです!!

 

f:id:azkawagoe:20210903103537j:plain

※もちろんダメージが進行しているロングヘアの方などには、それプラスでトリートメントをして油分のコーティングをすることをお勧めしますが、もともとダメージのない方はシャンプーだけでも十分な艶と手触りが手に入ります。(しかしその時に使っているシャンプーがものすごく重要なので、それはまた別の機会にご説明したいと思います。)

 

これで

 

③髪の艶がものすごい

 

がいかにして起こるかご理解いただけたと思います😀

 

ちなみに髪に艶を出すためには

・トリートメントで油分を与える物理的なアプローチ
・ドクターカラーで収斂させる科学的なアプローチ

がありますが科学的なアプローチは、やはりこの広い世界の中でもこのドクターカラーだけの特徴になっています(特許取得)

 

以上でドクターカラーの特徴

①無駄なダメージが一切ない

②やればやるほど髪が良くなる

③髪の艶がものすごい

の説明を終わりにさせて頂きます。

ちなみにこの3つの特徴は年齢を重ねたりカラーやパーマでダメージが進行している方であればあるほど効果を発揮いたしますので

①カラーはしたいけどダメージが気になる

②カラーをしながら髪にハリコシや収まりを求めたい

③カラーをしながら艶を出したい

と思っている方はぜひ一度お試しいただけると、今までのカラーとの違いを実感していただけると思います!!!

 

 

いかがでしたでしょうか?

 

今回は3回にわたってドクターカラーの説明をさせて頂きました。この様な説明をする時はどうしても専門用語が多くなり、なかなかお客様にご説明するのが難しいのですが、原田の力も借りながらなるべくポップにわかりやすく説明したつもりです。

まだよくわからないよという方はぜひスタッフに直接聞いていただければ丁寧に説明させていただきますのでよろしくお願いいたします。

 

まだまだ色々とストレスのかかる世の中ですが、これからもしっかり勉強してお客様に有益なメニューや情報をお届けしていきます。

これからもAZを何卒よろしくお願いいたします。

 

最後まで読んでいただいて本当にありがとうございました😊

 

AZ鈴木代悟